LDLコレステロールは高いとNG!HDLコレステロールは低いとNG!一体どういうことなのか分かりやすくご説明します。

  • 投稿日:
  • by

健康診断の結果を見てみると、血液検査の中に見慣れない項目がたくさんあることに気付きますよね?

それが何を意味するのかなど専門家にしか分からないだろ!と突っ込みたくなるほどたくさんの項目の中に、

LDLコレステロールやHDLコレステロールというのがあるはずです。

これらも何のことなのか分かる人のほうが少ないのではないでしょうか?

しかし、この二つの項目は年齢とともに注意が必要な部分で、

基準値を超えていたり少なかったりする人が増えてくるのです。

LDLコレステロールとは悪玉コレステロールで、これが高いのはNGです。

LDLコレステロールが高いと善玉コレステロールの働きが阻害され、

酸化しそれが血管の壁に付着することで動脈硬化が起こりやすくなります。

また、HDLコレステロールは善玉コレステロールで、これが低いとNGと言うことになります。

HDLコレステロールは必要のないコレステロールを肝臓に戻す働きがあり、

この働きによって動脈硬化を防ぐことができます。

ですから逆に数値が低いと動脈硬化になりやすく、いろいろな病気や突然死につながる恐ろしいことになりかねないのです。

このように、細かく見てみるとコレステロールがすべて悪いものではないということが分かりませんか?

コレステロール=悪というイメージは実は間違いで、コレステロールの中にも良いものと悪いものがあり。

そのバランスもとても大切なのです。

今まできちんと基準値に収まっていたコレステロール値が、急に乱れだした場合は、

生活の中に何らかの原因があるのかもしれません。

健康な体を維持するためには適度な運動とバランスの取れた食生活がとても大切で、

若いころは平気だったお酒や油もの、たばこなども年齢共に体に影響を及ぼすようになってきます。

それがHDLコレステロールとLDLコレステロールの数値として現れやすいので、

健康診断で指摘された人は、すぐにでも生活習慣を見直す努力が必要だと言うことではないでしょうか?