食物繊維+オリゴ糖+発酵食品が大腸を守る!どういう食材をとればいいのか調べてみました。

  • 投稿日:
  • by

最近の研究で色々な病気や体の不調には腸内環境が大きく影響しているということが分かってきたみたいですね!

腸内の菌はたくさんあるのですが、それがバランスよく広がった状態を腸内フローラなんて表現することもあり、

そろ広がり方も人それぞれ違うようですね。

便秘や下痢を繰り返すような腸が不健康な人は、免疫力が下がり癌をはじめたくさんの恐ろしい病気にかかるリスクが増えるらしいのです!

冬に流行するインフルエンザも腸内環境が良い人は自分の免疫力によってウイルスに勝つことができるので、

かかりにくいと言われれていますよね?

乳酸菌などを毎日摂ることによって善玉菌を増やすことで、バランスを整えると言う方法を実践している人も多いのではないでしょうか。

最近は乳酸菌だけではなく、食物繊維+オリゴ糖+発酵食品が大腸を守る食品だと分かり、

テレビなどでも特集が組まれるほど注目を集めています。

それでは毎日の食生活で上手に食物繊維+オリゴ糖+発酵食品を取り入れるには、

どのような食材を摂ればいいのでしょうか?

食物繊維・・・野菜、果物、豆、海藻、・・・

オリゴ糖・・・ごぼう、バナナ、玉ねぎ、納豆、はちみつ・・・

発酵食品・・・納豆、みそ、・・・

食物繊維と発酵食品はそれほど意識しなくても毎日の食生活でそれなりに摂れる食品が多いですよね?

一番難しいのがオリゴ糖と十分に摂取することで、どの食品にオリゴ糖が含まれているのか知らない人も多いようです。

甘味料としてもオリゴ糖も有名ですが、人工甘味料なのでできれば食物から摂取した方が健康には良いようで、

ごぼうや玉ねぎなどを意識して食事に加えるだけで目標量に近づけることができるはずです。

このように、何か一つだけをたくさん食べれば腸内環境が整うわけではなく、

食物繊維+オリゴ糖+発酵食品を意識することで大腸を守ることができるのです。

長寿の人が多く住むところを調査すると、やはり腸内環境が驚くほど良い人が多いようです。

このことから病気をせずに長生きするためには大腸を健康に保つことがとても大切だと言うことですね!