癌治療の最先端|粒子線治療とはどういったものなのか、私が噛み砕いてご説明します。

  • 投稿日:
  • by

自分や家族が癌になったらどうしよう!という不安を誰もが持っているはずです。

日本人の二人に一人は癌になると言われているくらい誰にでも起こり得る病気だという認識があるからではないでしょうか?

そんな身近な病気だと分かっていながら、未だに必ず完全に治る方法はなく、

早期発見が何よりも大切です。

最悪の場合命を落とすことになる怖い病気で、手術や抗がん剤、放射線治療による副作用を思うと、

誰でも気が滅入るものです。

とは言っても癌治療はかなり進歩していて、現在研究されている治療方法もたくさんあるそうです。

もし自分が癌になったら・・・とにかく苦しみが少なく、髪も抜けない治療方法があれば、

体の調子に合わせてできる限りのことができるのではないかと思うのです。

例えば、仕事や家事、家族のために普段通りのことをこなしながら治療ができれば気持ち的にも落ち込みが少なくて済むのではないかと思います。

誰もがそのように願っていると思いますが、粒子線治療という最新の治療方法ならば、

体へのダメージが少なく、通院での治療が可能なので仕事や家事の合間に治療を行う人も多いようです。

粒子線治療なんて科学的でまだ一部の人しか受けられない治療に感じますが、

これは放射線治療の一種で一般的に行われている電磁波による放射線治療のデメリットを改善した、

体と心に優しい治療方法と言えます。

今までの放射線治療では、癌細胞だけではなく正常な細胞にもダメージを与え、

それがが体を弱らせたり場合によっては治療ができない場所が出てきました。

しかし、粒子線治療はよりピンポイントでがん細胞を死滅出せることができ、

体への不負担が少なくて済むのです。

ですから、日常生活を送りつつ治療を受けることができる画期的な方法と言えます。

この方法が一般的になりつつある国もあるのですが、日本ではまだ保険適応外なので高額な治療費がかかるります。

それを改善するためにはたくさんの成果を上げ、保険適応の治療として認めてもらうしかないのかもしれません。

しかし、保険がきかなくても多くの患者さんがこの治療を選択している現実があるので、

近い将来、誰で受けられる治療になるのではないでしょうか?